広告 マンガ(完結・打ち切り)

『Gメン』の打ち切り理由は?最終回ネタバレ漫画完結してる?

『Gメン』の打ち切り理由は?最終回ネタバレ漫画完結してる?

2023年8月に岸優太さん主演の映画「Gメン」が公開。

昨秋の延期からようやく公開とあって楽しみですよね。

映画をみて、原作に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

なにやら打ち切りという噂もあります。

そこで今回は、Gメンの打ち切り理由は?最終回ネタバレ漫画完結してる?について解説していきます。

それではいってみましょう!

本記事でわかること

  • Gメンの打ち切り理由は?
  • 最終回ネタバレ漫画完結してる?

Gメンの打ち切り理由は?

Gメン』(ジーメン)は、小沢としお先生によるヤンキー青春漫画です。

単行本は国内累計発行部数150万部を突破した人気作ですね。

実写映画化にともない、岸優太さんが主演を務めるとあってすごく注目されていますよね。

ここでは漫画は完結しているのか調べてみました。

漫画Gメンは打ち切りで完結?

結論から言うと、漫画Gメンは打ち切りではなく、ちゃんと完結しています。

『週刊少年チャンピオン』にて、2014年52号から2018年18号まで連載されていました。

単行本は18巻(全161話)まで発売中です。

ではなぜ打ち切り説が噂されたのでしょうか?

Gメンが打ち切りと言われた理由は?

映画が公開されてばかりなのに、打ち切りという不穏なワードが出てのはなぜなのでしょうか。

考えられる要因は、原作漫画の打ち切りではなく、映画の公開延期の打ち切りが関係していると考察します。

2023年8月25日に公開となった実写版「Gメン」ですが、

もともと公開は、2022年の秋を予定していました。

映画の公開延期理由は「複数人のコロナ感染によるスケジュール調整が必要になったため

とあります。

これが表向きの理由ですね。

実際に、2022年1月主演の岸優太さんのコロナ感染が確認されています。

スケジュールが間に合わず延期が、公開が打ち切りになったと勘違いされて方がいたようですね。

他にも岸優太さんのジャニーズ退所が関係しているのではないか?

勘繰る方もいらっしゃいました。

2023年9月30日まではジャニーズ事務所に所属し、芸能活動を続けいくと報道されています。

制作スタッフと、ジャニーズ事務所との折り合いを決まるための延期とも考えられますよね。

このため、映画公開延期は、公開を打ち切りにするための理由なのでは?と考えた方もいらっしゃるみたいですね。

Gメンあらすじ

門松勝太は彼女を作るために、周囲2キロメートル内に4つの女子高がある

「卒業までの童貞喪失率120%」と噂される、

私立武華(たけはな)男子高校に転校してきました。

しかし、勝太が配属されたG組は学校内で「バカ」「オタク」「問題児」と呼ばれる生徒たちが集まったクラスで、

制服のデザイン(ネクタイの色など)も他の生徒たちと異なっていました。

そのため、周囲の女子高からは相手にされない状況でした。

勝太は、彼女を作るべく仲間たちと奮闘する姿を描いたヤンキー青春マンガ

武華男子高校

かつて名の知れたヤンキー校であったが、

周囲に女子高が新設されるごとに入学希望者が増え、

入学試験の学力順にA組からG組に分けるようになり、

次第に進学校へと変貌しつつあります。

A組からF組は成績によって昇格、降格があるが、G組のみは「肥溜め」と揶揄され、

G組への降格はあるものの、G組からの昇格は一切ないと言われています。

校舎も傷んだ旧校舎であり、一般生徒の制服は青ネクタイですが、G組は赤ネクタイで差別化されています。

このような待遇から一般生徒は「G組堕ち」を避けるために学業に奮起しているのです。

Gメンとは?

Gメンは、武華男子高校の不良たちが集まるG組の中で、最強のグループです。

彼らは学年関係なく、喧嘩の強さと先代からの認知によってメンバーが選ばれます。

武華に絡んだ大きな紛争が生じた時、Gメンはその解決のために立ち上がります。

しかし、最近は武華の周りに女子高ができたことで他校との喧嘩が減少しており、

そのためGメンの存在感は薄れつつあり、半ば都市伝説化しているようです。

最終回ネタバレ漫画完結してる?

2022年秋に公開予定だった映画「Gメン」

新型コロナウイルスによる影響で公開延期となりましたね。

原作の打ち切り説は否定され、映画の打ち切りもありませんでした。

ようやくの公開とあって楽しみな方も多いはず!

岸優太さん目的に映画を見る方もいると思いますが、

どうせなら内容もおもしろいと、なお良しですよね。

そこで、原作のGメンはおもしろいのか調べてみました。

Gメンはおもしろい?

映画化をされるの人気作なのは間違いないのでしょうが、打ち切り説が飛び交っていたのも事実。

原作漫画「Gメン」は本当におもしろいのか気になりますよね。

そこで、皆さんの意見を集めてみました。

Gメンくっそおもしろい でも俺はフジケンの方が好き!!

Gメン漫画が普通にめちゃくちゃおもしろい!って友達が言ってましたー!そうなんですね!わたしも読もうかな

岸くんのおかげでオタ活できて本当に感謝です

岸くんのGメンもっと楽しむために予習しとこうと思って漫画読み始めたけどめちゃくちゃおもしろい

これをあのキャストで演ると思うと楽しみすぎるし

勝太が自動的に岸くんで再生されるから愛着めっちゃ湧くし読めば読むほど岸くん…!!楽しみ!!!!!!!!!!!!!

さすが岸優太さんと言ったところでしょうか。

映画化の前に、予習しておこうと思った方達がこぞって高評価をしてくれていますね。

ちなみにSNS上では、打ち切り説はほとんど投稿されていませんでしたね。

Gメン原作最終回ネタバレ

原作の漫画「Gメン」では、

勝太は無事にレイナに告白して、つき合うことになります。

ヤンキー達の学校の卒業から、社会人になった5年後までが描かれています。

そしてそれぞれの人生がどうなったのか、行く末までもが丁寧に描かれていました。

映画ではどこまで展開されるのか楽しみですよね。

映画と違いある?

映画がついに公開となりましたが、原作との違和感などはあるのでしょうか。

みなさんのコメントを見ていきましょう。

現状、原作Gメンとの違いがないコメントはありませんでした。

むしろ違和感がない意見が多かってですね。

Gメンの打ち切り理由は?最終回ネタバレ漫画完結してる?まとめ

本記事では以下についてお伝えしました。

  • Gメンの打ち切り理由は?
  • 最終回ネタバレ漫画完結してる?
  • 漫画「Gメン」を無料で読む方法とは?

2023年8月に公開となる岸優太さん主演の映画「Gメン」

原作である漫画は完結してるのかについてですが、18巻で完結していましたね。

最終回もネタバレを踏まえて解説しましたが、

果たして映画と結末の違いあるのでしょうか?

公開が楽しみですよね。

-マンガ(完結・打ち切り)