広告 マンガ(完結・打ち切り)

『サカモトデイズ』打ち切り理由は?最新話にパクリ疑惑?

『サカモトデイズ』打ち切り理由は?最新話にパクリ疑惑?

人気作品の『SAKAMOTO DAYS』(サカモトデイズ)。

2020年より連載を開始し、2021年には「次にくるマンガ大賞2021」で特別賞のU-NEXT賞を受賞したことでも話題となりました。

そんな『サカモトデイズ』ですが、実は打ち切りの噂があるんです。

結論から述べると、『サカモトデイズ』は打ち切りになっていません。

また、最新話にパクリ疑惑まで…

『サカモトデイズ』を読んでいる人にとっては心配な噂ですよね。

そこで、『サカモトデイズ』が打ち切りと言われている理由と、最新話のパクリ疑惑についても解説していきます。

本記事でわかること

『サカモトデイズ』打ち切り?

引用元:サカモトデイズ公式X

結論から述べると、『サカモトデイズ』は打ち切りになっていません。

「週刊少年ジャンプ」にて、現在も好評連載中。

単行本は2024年6月時点で、17巻まで発刊されています。

現在の発刊巻数

  • マンガ:既刊17巻
  • 小説:『SAKAMOTO DAYS』殺し屋のメソッド(1巻)

※2024年6月時点の情報です

そんな人気作品の『サカモトデイズ』になぜ打ち切りの噂が流れたのでしょうか。

ここからは『サカモトデイズ』が打ち切りと言われた理由について紹介します。

その前に!
こう思ったことはありませんか?

『サカモトデイズ』を読みたいけど……

できるだけ
お金は使いたくないなぁ……

今すぐお得に読めるとこってないの?

実は私も、続きやネタバレが気になって、
お得に購入できる方法がないか探したところ、

今すぐお得に読める方法を見つけてしまいました!

それは「ebookjapan」を利用することです!

ebookjapanは大手Yahoo!が提供している
電子書籍サービスで、

今、会員登録してログインすると、

6回使える70%OFFクーポンがもらえます!

引用:ebookjapan公式サイト

もちろん『サカモトデイズ』もクーポン対象です!

ポイント

1冊501円税込のところ
150円で購入できるんです。

クーポンの有効期限は、

約2ヶ月間(60日)もありますよ。

漫画版でクーポンを最大限活用するなら

2冊ずつがおすすめ!

さらに「割引上限5,000円の50%OFFクーポン」の配布や、

「PayPay残高50%還元」などの
お得なキャンペーンを毎月開催。

お金を無駄に使うことなく、
あなたのペースで、気軽にマンガを楽しむことができちゃいます!

6回使える70%OFFクーポン配布など、
常にお得に購入できるのはebookjapanだけです!

ただし、70%OFFクーポン配布はいつ終わるかわかりません。

クーポンがもらえるうちに、
下記のボタンからチェックすることをおすすめします。

\今なら70%OFFクーポン×6枚もらえる!/

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

今すぐチェックする!

登録カンタン1分で完了
▲月間利用者数2,000万突破!▲

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われる理由は?

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われたのはなぜでしょうか。

打ち切りと言われた理由は主に次の4つ。

  • 盛り上がりに欠ける
  • アニメ化されていない
  • 打ち切りバスジャック事件
  • 連載3年目で初休載

それぞれひとつづつ紹介します。

>>>期間限定!『サカモトデイズ』をお得に読む方法とは?

理由①盛り上がりに欠ける

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われる理由1つ目は、ストーリーが盛り上がりに欠けるからです。

『サカモトデイズ』は、連載当初、大きな盛り上がりが無く、淡泊にストーリーが進む展開が続きました。

また、元殺し屋が一般生活を送るという、ありがちな設定からも、読者からは「すぐに打ち切りになるのでは」という声があがっていたようです。

ですが、ストーリーが進むにつれ、見せ場も登場し、ジャンプ作品の中でも人気作品となりました。

理由②アニメ化されていない

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われる理由2つ目は、アニメ化されていないこと。

ジャンプ作品の人気作品となれば、ほとんどがアニメ化されています。

『サカモトデイズ』は、連載4年目、現在単行本が16巻まで発売されているにも関わらず、アニメ化されていません。

また、アニメ制作の情報もありません。

近年では、アニメ化が人気のバロメーターの一つとなっている為、アニメ化しない=人気がないと判断され、打ち切りの噂が流れたと考えられます。

理由③打ち切りバスジャック事件

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われる理由3つ目は、1巻に「打ち切りバスジャック事件」が登場するからです。

主人公の坂本太郎の妻が乗車するバスがバスジャックされます。

バスジャック犯の犯行動機は、大好きな漫画を打ち切られた為、その腹いせに秀英ビルへ突っ込むというものでした。

「打ち切り」というワードが作中で登場したことで、『サカモトデイズ』と「打ち切り」がセットで扱われるようになったようです。

理由④連載3年目で初休載

『SAKAMOTO DAYS』(サカモトデイズ)は2020年11月から連載をスタート。

連載されてから、一度も休載を挟んでいない作品でしたが、2024年18号で休載することが発表されました。

休載はこの1度だけですが、約3年4ヶ月連載されている状況での初の休載で「打ち切り」説を助長された可能性が高いですね。

休載理由に関しては、明言されていませんでしたが、同時期にアシスタント募集のポストがありました。

このことから、アシスタントが足らずやむを得ず休載した可能性があります。

『サカモトデイズ』最新話ネタバレ

『サカモトデイズ』は現在16巻まで発刊され、「週刊少年ジャンプ」では連載中です。

最新話は第161話

周は、神々廻を発見し、父親の事情について尋ねます。

神々廻から返ってきた答えは「四ツ村暁は俺が殺した」でした。

父親の死について、質問攻めしますが、神々廻は「言えない」の一点張り。

そして、キャロライナ・リーパーが周に襲い掛かり、神々廻は周をかばい、重傷を負います。

この好機を見逃すまいと、熊埜御が周に襲い掛かろうとした瞬間、大佛の巨大な電ノコが地面を切り裂きます。

キャロライナ・リーパーは小間切れになります。

そこへ大佛が登場し、神々廻が瀕死なのは周のせいだと勘違いし、首を掴みます。

場面は変わり、特別収蔵庫へ。

南雲に心臓を一突きされた有月は、赤尾リオンの人格が現れ…

>>>期間限定!『サカモトデイズ』をお得に読む方法とは?

『サカモトデイズ』あらすじ

『サカモトデイズ』は、鈴木祐斗著による漫画作品です。

2024年1月時点で累計部数は430万部を突破。

あらすじ

主人公は、最強の殺し屋、坂本太郎。

裏社会で殺し屋として名をはせた坂本太郎は、ある日、恋に落ちます。

そしてあっさりと殺し屋を引退。

一目惚れをした女性と結婚し、子どもを授かった坂本太郎は、「坂本商店」を営み、平凡な生活を送っていました。

しかし、そんな平穏な日々を送る坂本太郎に、様々な刺客が襲いかかるのでした。

『サカモトデイズ』最新話にパクリ疑惑?

『サカモトデイズ』の最新話は、第161話です。

『サカモトデイズ』の最新話にパクリ疑惑がありましたが、最新話にはパクリと思われる要素はありませんでした。

しかし、『サカモトデイズ』には、パクリ疑惑が…

次からは、『サカモトデイズ』のパクリ疑惑について紹介します。

先にも説明した通り、『サカモトデイズ』にはパクリ疑惑があります。

なぜパクリ疑惑があるのでしょうか。

ここからは、『サカモトデイズ』がパクリと言われる理由について紹介します。

理由①キャラクターデザイン

『サカモトデイズ』の主人公、坂本太郎の見た目が、『スラムダンク』の安西先生にソックリと言われています。

坂本太郎が殺し屋業を引退した後の容姿は、確かに安西先生に似ています。

坂本太郎と安西先生は、眼鏡、口ひげ、白髪、肥満体型と4つの要素が同じ。

安西先生を知っている人が坂本太郎を見た際に、「安西先生のパクリでは?」と考え、パクリ疑惑が浮上したようです。

ただし、どちらも同じジャンプ作品の為、パクリの可能性がある作品を世に出すとは考えられません。

パクリである可能性は非常に低いと言えるでしょう。

理由②ストーリーやキャラの設定

『サカモトデイズ』のパクリ疑惑は、ストーリー展開が他作品と類似している点が挙げられています。

類似していると挙げられている作品は次の4つ。

  • ザ・ファブル
  • チェンソーマン
  • 銀魂
  • 殺し屋は今日もBBAを殺せない

それぞれどこが類似していると言われているのか解説していきます。

ザ・ファブル

『ザ・ファブル』は、「週刊ヤングマガジン」にて、2014年~2019年まで連載された大人気作品です。

殺しの天才である主人公は、1年間誰も殺さず、一般人として平和に暮らすことを組織のボスから言い渡されます。

一般人として平和に暮らそうと努力するものの、様々なトラブルが主人公に降り注ぐ…

というストーリーで、主人公が「凄腕の殺し屋」「一般市民として暮らそうとする」という点が類似しています。

確かに設定は似ていますが、細かなキャラクター設定や、ストーリー展開は異なる為、パクリとは断言できないでしょう。

チェンソーマン

『チェンソーマン』は、「週刊少年ジャンプ」にて2019年~2021年まで連載された作品です。

主人公のデンジは、父親の借金を返済する為、悪魔のポチタと共にデビルハンターをしながら貧しい生活を送っていました。

ある日、デンジは借金取りに騙され、殺されてしまいます。

しかし、ポチタがデンジの心臓となったことで、デンジはチェンソーマンとして生き返り…

『サカモトデイズ』と『チェンソーマン』のストーリー自体は全く類似していません。

類似する点として挙げられているのは、主人公が普通の幸せを望んでいるという点のようです。

しかし、この点に関してはこの2つの作品に限ったことではないので、『サカモトデイズ』が『チェンソーマン』のパクリであるとは言えないでしょう。

銀魂

『銀魂』は「週刊少年ジャンプ」にて2004年~2018年まで連載された作品です。

主人公の坂田銀時は、かつて白夜叉と呼ばれ恐れられた元攘夷志士。

攘夷戦争から20年後、坂田銀時は歌舞伎町で「万事屋銀ちゃん」を営み、ダラダラした日々を送っていました。

そんなある日、銀時は天人に絡まれている志村新八を助け、新八は「万事屋銀ちゃん」で働くこととなり…

『サカモトデイズ』と『銀魂』の類似点は、元すごい人でお店を営んでいるという点。

ストーリー展開やキャラ設定などは全く違い、パクリとは言えないでしょう。

殺し屋は今日もBBAを殺せない

『殺し屋は今日もBBAを殺せない』は、「やわらかスピリッツ」などに掲載されていた作品です。

主人公の野沢マコトは77歳の老婆。

どこにでもいる平凡な老婆ですが、殺し屋に命を狙われています。

殺し屋に襲われるも、老婆は毎度、殺し屋を返り討ちに…

『サカモトデイズ』と『殺し屋は今日もBBAを殺せない』の類似点は、平凡で決して強そうに見えない人物が殺し屋を返り討ちにするという点。

確かにストーリーは似ていますが、『殺し屋は今日もBBAを殺せない』は途中で話の路線が変わります。

始めこそ似ている2作品ですが、ストーリーの展開的にパクリとは言い難いでしょう。

『サカモトデイズ』打ち切り理由は?最新話にパクリ疑惑?のまとめ

本記事では、以下についてお伝えしました。

  • 『サカモトデイズ』打ち切り理由は?
  • 『サカモトデイズ』最新話ネタバレ
  • 『サカモトデイズ』最新話にパクリ疑惑?

『サカモトデイズ』は打ち切りになっていませんでした。

現在も、『サカモトデイズ』は好評連載中。

『サカモトデイズ』が打ち切りと言われたのは、淡泊なストーリー展開やアニメ化されていない点、作中に「打ち切り」という言葉が出てくるという理由からでした。

また、『サカモトデイズ』のパクリ疑惑は、キャラデザや設定、ストーリーなど類似する作品があるからでした。

しかし、どの作品もパクリと断言できるものではなく、どこか少し似ている部分があるというものです。

まだまだ連載が続いている『サカモトデイズ』、今後の展開に期待が高まりますね。

-マンガ(完結・打ち切り)