広告 マンガ(完結・打ち切り)

『パリピ孔明』作者が死亡?最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?

『パリピ孔明』作者が死亡?最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?

2022年にアニメ化された「パリピ孔明」

2023年10月にはドラマ化とさらに認知度が高まりそうですね。

しかしネット上では「作者死亡」の不穏なワードが飛び交っていました。

そこで今回は、パリピ孔明の作者が死亡?最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?について解説していきます。

本記事でわかること

  • パリピ孔明の作者が死亡?
  • 最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?

『パリピ孔明』の作者が死亡?

パリピ孔明』(パリピこうめい)は、原作:四葉夕卜先生、作画:小川亮先生による漫画です。

『コミックDAYS』(講談社)にて、2019年12月31日から2021年11月16日まで連載。

その後、同社の週刊誌『週刊ヤングマガジン』に移籍して、2021年52号より連載しています。

アニメ化・ドラマ化と数々のメディアミックス展開がされる中での「作者死亡」のワード。

ここでは、本当に作者が死亡したのか調査しました。

パリピ孔明の作者死亡?

結論から言うと、パリピ孔明の原作:四葉夕卜先生、作画:小川亮先生の両名とも死亡していません。

現在も週刊ヤングマガジンにて好評連載中です。

連載誌にも原作・作画の担当変更の情報もなかったことから作者死亡は誤情報のようですね。

パリピ孔明の作者死亡と言われた理由は?

パリピ孔明の作者が死亡と言われた理由は主に4つあります。

  • 休載が続く期間があったから
  • SNS投稿の「パリピ孔明 作者 天才」が原因?
  • 孔明が転生し死亡したこと
  • 『コミックDAYS』での連載が終了したから

それぞれ解説しますね。

休載が続く期間があったから死亡?

パリピ孔明は休載することが多かったようですね。

特に2022年ごろのSNS投稿で「休載多すぎ」の投稿が多かったです。

この時期はコロナの影響もあったので「もしかしてコロナになった?」

休載が多いことからも「もしかしたら作者が死亡?」に繋がったのかもしれません。

アニメ化も2022年だったことから、もしかすると打ち合わせや監修と、

本業の掛け持ちで多忙だった可能性が高いですね。

2023年にはドラマ化もあったので、そちらも関係していそうです。

SNS投稿の「パリピ孔明 作者 天才」が死亡説の原因?

考えらるのは、SNSで投稿された「パリピ孔明 作者 天才」が要因とも考えられます。

パリピ孔明3巻まで読了

軍師をプロデューサーに見立てた見事な異世界転生モノ

天才を描くのには作者も相応の知性が無いとダメなわけで面白いなぁ

パリピ孔明とかいうタイトル思いついた作者を讃えたい。

ワイはこの組み合わせに一生着想できないと言い切れる。

など作者の天才っぷりを評価する投稿が多くありました。

つまり「三国志時代、蜀の丞相を務めた諸葛亮孔明その人を転生(死亡)させ、

軍師をプロデューサーに見立てて現代で活躍する着想は、作者が天才としか思えない」という投稿から、

「作者が死亡」に繋がっていったと考えられます。

孔明が死亡し転生したこと

パリピ孔明は死亡して現代に転生する物語ですが、その設定が要因で作者死亡に関連づけられた可能性がありますね。

原作はシナリオ担当と作画担当に分かれているのも死亡説の原因かもしれませんね。

どちらかが休載も多かったことから2人のうちどちらかが死亡したと勘違いしたのかもしれません。

『コミックDAYS』での連載が終了したから

パリピ孔明は2019年に連載を開始し、はじめに連載していたのはコミックDAYSです。

2021年には『週刊ヤングマガジン』へ移籍しています。

移籍した情報を知らなかった読者からすると、いきなり終わっていると勘違いしてしまいますよね。

そこから、「えっ打ち切り?」「作者に何かあった?」「もしかして作者が死亡した?」と飛躍した可能性がありますね。

パリピ孔明あらすじ

紀元前234年、中国では魏・呉・蜀の三つの国が覇権を競い合う激動の時代、三国時代が繰り広げられていました。

この時代において、蜀の国の中でも稀代の天才とされた諸葛亮孔明は、魏との激しい戦闘、五丈原の戦いの最中に病に倒れ、生涯の最期を迎えることとなりました。

しかし、孔明はその生涯の瀬戸際に、「もし生まれ変わる機会があるなら、戦乱の時代ではなく平和で穏やかな時代に生まれたい」という願いを胸に秘めて息を引き取りました。

そして、時は流れ、物語は現代の日本、西暦の年代に移ります。

予想外の出来事が起こり、死んだはずの諸葛亮は若返った姿で再び生を受け、なぜか中国ではなく東京・渋谷の路地で目を覚ましたのです。

その瞬間、彼の心には多くの疑問や不思議な感情が湧き上がりました。

そして、驚きと共に、彼は偶然立ち寄ったクラブで、新進気鋭のシンガーソングライターである月見英子の歌声に深く魅了されました。

翌朝、泥酔して路上で寝ていた諸葛亮は、英子に発見され、彼女によって保護されることとなりました。

そして、諸葛亮は自身がなんと約1800年後の未来の日本に転生したことを知るのです。

英子に恩義を感じ、彼女の夢をサポートすることを決意した諸葛亮は、自らを軍師(マネージャー)として提供し、

その知略を駆使して英子をスーパースターにするために、数々の奇跡を起こしていくのでした。

最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?

パリピ孔明は、

2020年には「次にくるマンガ大賞 2020」にて、特別賞に相当する「U-NEXT賞」を受賞

2023年5月時点で単行本の累計部数は160万部を突破している作品です。

作者死亡説は否定されましたが、原作はすでに完結しているのでしょうか?

パリピ孔明漫画は打ち切りで完結せず?

結論から言うと、パリピ孔明の漫画は完結していません。

『週刊ヤングマガジン』にて好評連載中です。(2023年9月現在)

単行本は14巻まで発売されています。

打ち切りの噂もありますが、おそらく「コミックDAYS」から『週刊ヤングマガジン』へ

移籍したことを知らなかった読者が打ち切りと勘違いした可能性がありますね。

パリピ孔明最終回ネタバレ?

漫画が完結していなかったため、ここでは最新14巻のネタバレを挟みます。

英子は、大舞台であるサマーソニアで驚異的な成功を収めました。

その成功により、英子は憧れの歌姫からアメリカへの誘いを受けることになりました。

この誘いの背後には、世界最大の音楽フェスティバルである「VOICEL LAND」への出演チャンスが待っていました。

英子はこの大きな舞台を掴むため、アメリカ行きの誘いを断り、自力でアメリカに向かう決意を固めます。

英子の次なる目標は、日本全土での成功。

そのため、彼女は自身の力で日本を席巻するために、ZECT東京での単独ライブを計画します。

彼女はこのライブを通じて、自身の音楽キャリアをさらに高め、VOICEL LANDへの出演に向けた地盤固めを行うことを決断しました。

しかしその頃、諸葛亮は意外な場所、競馬場に姿を現していました。

彼はZECT東京のオーナーに接触し、オーナーの競走馬を成功させるための策略を巡らせました。

孔明は莫大な軍資金を投じ、競走馬の調教を開始しました。

彼の狙いとは一体何なのか、その秘密とは?

パリピ孔明は面白くない?

アニメ・ドラマ化と、ますます認知度が上がっていくパリピ孔明。

作品自体の内容はどうなのか気になりますよね?

ここでは皆さんのコメントを調査しました。

1話でスマホ、2話でPCを早速マスターしてる孔明さすがすぎ!

英子のコンサートを計略を使って成功に導いてるのも凄まじい!

作者天才か…!?現代戦を戦える孔明とか元々チートなのが更にチートで面白い!!

パリピ孔明。良い意味で想像と違うストーリーだった!

聖☆おにいさんみたいなゆるいギャグを想定してたけど、めちゃくちゃ良い話だし面白い。

孔明の策を絡めてるのも良い。作者が頭よくないとできない世界観。

パリピ孔明ずっと気になっててやっと見たんだけどめちゃくちゃいいアニメ。

色々と行き詰まってたり悩んでたりする人は絶対見たほうがいいと思った。

あとこれから何かを目指したい人とか。まじでいい。作者天才かよ。

みなさん、作者の天才っぷりに脱帽のようですね。

話の内容はぶっ飛んでいるのに、なぜか勇気づけられる作品ですよね。

ただ、アニメ最終回については若干不満な方が多く、

少し炎上していましたね。

漫画作品の評価自体は高いにでかなりおすすめの作品ですよ

『パリピ孔明』作者が死亡?最終回ネタバレ漫画は完結せず?のまとめ

本記事では以下についてお伝えしました。

  • パリピ孔明の作者が死亡?
  • 最終回ネタバレ漫画打ち切りで完結せず?
  • 期間限定!パリピ孔明を無料で読む方法とは?

2023年10月にドラマが放送される「パリピ孔明」

その作者が死亡とネット上で噂がありましたが、死亡していませんでしたね。

全くの誤情報でした。

「作者死亡」と言われた理由として
①休載が続く期間があったから死亡?
②SNS投稿の「パリピ孔明 作者 天才」が原因?
③孔明が転生し死亡したこと
④『コミックDAYS』での連載が終了したから

上記4点がありました。

漫画も打ち切りになっておらず、完結していませんでしたね。

最新14巻のネタバレをしましたが、最終回はまだまだ先となりそうですね。

今後どういった展開になるのか楽しみですね!

-マンガ(完結・打ち切り)