広告

『推しの子』黒川あかねが死亡?フラグやシーン最後のインタビューが理由?

『推しの子』黒川あかねが死亡?フラグやシーン最後のインタビューが理由?

大ヒット中の『推しの子』。

それぞれのキャラが魅力的で、幅広い世代から人気を集めています。

そんな『推しの子』の人気キャラの黒川あかねが死亡するという噂があるんです…

黒川あかね推しの方にとっては心配な噂ですよね。

そこで今回は、『推しの子』黒川あかねが死亡?フラグやシーン最後のインタビューが理由?について解説します。

本記事でわかること

  • 『推しの子』黒川あかねは死亡する?
  • 『推しの子』黒川あかねの死亡フラグシーン

黒川あかねは死亡?

引用元:アニメ公式X

結論!

黒川あかねは死亡していない

2024年6月時点で、黒川あかねは死亡していません

黒川あかね死亡説は噂だったようですね。

しかし、黒川あかねには、いくつかの死亡フラグが立っており、将来的に死亡するのでは、とファンの間で囁かれています。

次からは、黒川あかねが死亡と言われている理由について紹介します。

死亡と言われている理由は?

黒川あかねが死亡すると言われている理由は、死亡フラグがたくさん立っているからです。

死亡と疑われた話数

  • マンガ:1巻1~10話
  • マンガ:1巻6話
  • マンガ:1巻7話
  • マンガ:3巻28話
  • マンガ:3巻25話、10巻98話
  • マンガ:8巻78話
  • マンガ:10巻96話
  • マンガ:10巻97話

ここからは、黒川あかねが死亡と言われている理由について、ひとつずつ紹介します。

理由①未来のインタビューシーンにあかねがいない(1巻1~10話)

『推しの子』の1巻1~10話にかけて、登場人物が未来でインタビューを受けるシーンが描かれています。

ルビーやアクアを始めとした主要人物がインタビューに登場する中、なぜか主要人物である黒川あかねのインタビューシーンが無いのです。

このことから、「黒川あかねはインタビューを収録した未来にいないのでは」という憶測が飛び交い、黒川あかねの死亡説につながったと考えられます。

理由②有馬かなのインタビューでの発言(1巻6話)

理由①で紹介した登場人物たちによる未来のインタビュー。

その中で、有馬かなは、インタビュアーに「天才役者」と言われ、「自分は天才じゃない」と答えます。

さらに、「天才だってナイフに刺されてお陀仏です」と発言。

これが誰のことを指しているのかハッキリしていません。

しかし、有馬かなは、黒川あかねのことを「天才と呼ぶしかない」と評価していることから、「天才=黒川あかね」となり、黒川あかねが何者かに刺されて死亡するのではという考察が広がったようです。

理由③アクアが読んでいた小説(1巻7話)

『推しの子』1巻7話では、アクアが小説を読むシーンが描かれています。

この小説というのが、実在する小説で、京極夏彦著の『絡新婦の理』という作品であることが判明しています。

『絡新婦の理』に登場する人物の中に、織作茜という人物が登場。

そして、織作茜は作中で死亡するのです。

『推しの子』は、伏線も多く張られているので、「この描写にも何か意味があるのでは」と感じたファンが、登場人物と同じ名前である黒川あかねが死亡することの伏線なのでは、と考えたようです。

理由④目に星が出た(3巻28話)

黒川あかねがアイを演じた際、目に星が出現

それまで黒川あかねの目に星は出現していなかったのですが、3巻の28話で、アイの目にあった天性の瞳が出現したのです。

黒川あかねが覚醒したシーンとも言われており、この覚醒をきっかけに度々目に星が出現するようになりました。

真犯人とされるカミキヒカルは、目に星が出ている人物しか狙わないと言われている為、目に星が出現した黒川あかねもカミキヒカルのターゲットになり死亡するのではと考えられたようです。

理由⑤2度も死にかけている(3巻25話、10巻98話)

黒川あかねは、作中で2度死にかけています

1回目は、3巻25話での自殺未遂。

これは、黒川あかねが出演した恋愛リアリティショー「今からガチ恋始めます」という番組内で、黒川あかねがモデルの鷲見ゆきの顔にケガをさせてしまったことが原因で、炎上。

SNSなどでの誹謗中傷で追い詰められたことがきっかけで起きた事件です。

追い込まれた黒川あかねは、歩道橋から飛び降りようとしますが、アクアによって阻止されます。

2回目は、10巻98話での歩道橋の階段からの転落。

これは黒川あかねがカミキヒカルの存在に気がつき、単独でカミキヒカルと接触をはかろうとした際、何者かに突き飛ばされて歩道橋の階段から転落してしまうという事件。

ここでも黒川あかねはアクアに助けられます。

2度も死にかけている為、今度こそ何か事件があった際は死亡するのではと噂されているようです。

理由⑥アクアの恋人になる(8巻78話)

『推しの子』8巻78話で、黒川あかねは、アクアの本当の恋人となります。

黒川あかねとアクアは、恋愛リアリティショー「今からガチ恋始めます」で共演。

番組内でカップル成立し、その後ビジネスカップルとなります。

そして8巻78話で、ビジネスカップルから本当の恋人へ。

アクアの大切な人になった黒川あかねを真犯人が狙うのではないかと考えたファンの間で、死亡説が流れたようです。

理由⑦カミキヒカルに白いバラを贈られている(10巻96話)

『推しの子』10巻96話にて、黒川あかねはカミキヒカルから白いバラを贈られています

この白いバラというのが死亡フラグと言われているのです。

白いバラが死亡フラグと言われる理由は、星野アイを殺害した犯人が白いバラの花束を持っていたことが関係。

真犯人と言われるカミキヒカルは、殺害予定の相手に白いバラを贈るとされている為、黒川あかねに贈られた白いバラは、殺害予告なのではないかという考察が広がったようです。

理由⑧カミキヒカルの情報を知りすぎ(10巻97話)

黒川あかねは、過去の出来事について独自に調査。

自身が得意とするプロファイリングの能力を駆使し、「カミキヒカルがアクアの本当の父親である」ということを悟ります。

そして、アクアとカミキヒカルを接触させないよう、自分だけでなんとかしようとするのです。

真犯人とされるカミキヒカルの情報を知りすぎており、カミキヒカルに最も近づいているのは黒川あかねと言えるでしょう。

カミキヒカルに近づきすぎたことで、黒川あかねは殺害されるのでは、という死亡フラグにつながったようです。

黒川あかねの基本情報

以下は、黒川あかねに関する情報を表形式でまとめたものです。

カテゴリー詳細情報
名前黒川あかね
声優石見舞菜香
出身子役出身の役者
年齢17歳→19歳(初登場時は高校2年生)
アクアとルビーより1歳年上で有馬かなと同年齢
特徴落ち着いた雰囲気で整った顔立ちの美人。常にメモを持ち歩くほどの真面目な努力家、引っ込み思案で自己主張が苦手。
トレードマーク黒髪ロングヘア
身長163cm
本名黒川茜(漢字表記)
学力アクアを上回る学力を持つ
役作り5歳からプロファイリングを学び、洞察と考察を重ねて役に没頭するタイプ
受賞歴日本映画賞新人俳優賞を受賞
芸能活動一流の役者しかいないと評される『劇団ララライ』に子役時代から所属。「若きエース」と呼ばれる程の実力派女優であるが、演劇以外の芸能は不得手。
関係性アクアとは表面上の恋人(ビジネスカップル)、有馬かなとはライバル関係
メンバーカラー
心理的特徴復讐のためなら破滅しても構わないが、依存せず自立した関係を重視する

黒川あかねは、『推しの子』第3章の恋愛リアリティショー編で初登場するキャラです。

子役時代からライバルだった有馬かなからは、「天才と呼ぶしかない」と評価されるほど、高い演技力の持ち主。

黒川あかねは今後死亡する可能性がある?

結論!

死亡する可能性はゼロではない

死亡フラグがたくさん立っている黒川あかね。

これまでは死亡フラグが立ちながらも、生存してきましたが、今後死亡する可能性はゼロではないと言えるでしょう。

『推しの子』の9章で描かれる「映画編」では、星野アイとカミキヒカルに大きく関わる「15年の嘘」という映画が制作。

この映画製作には多くの人が関わっている為、カミキヒカルの過去を黒川あかね以外の人物も知ることとなります。

そうなることで黒川あかねだけが知る情報は少なくなり、死亡の可能性は低くなると考えられます。

しかし『推しの子』は、主要人物だからと言って死亡しないとは限らない作品。

これまでも大丈夫だったから、これからも死亡しないとは言い切れません。

『推しの子』黒川あかねが死亡?フラグやシーン最後のインタビューが理由?のまとめ

記事のまとめ

  • 『推しの子』黒川あかねは死亡する?
    死亡していない
  • 『推しの子』黒川あかねの死亡フラグシーン
    未来のインタビューシーンにあかねがいない、目に星が出たなど

『推しの子』の黒川あかねは、死亡していませんでした。

死亡フラグは作品の中でも断トツに多いと言っても過言ではありません。

実際に2度死にかけていますが、現時点で生存。

今後、黒川あかねがどのような展開を迎えるのか、『推しの子』の見どころの一つとも言えるでしょう。

2024年7月~はアニメ2期の放送が始まる『推しの子』にますます注目が高まります!

  • この記事を書いた人

honn

三度の飯よりアニメが大好きなオタクです。 アニメや漫画の役立つ情報から、マニアックな雑学までなんでも発信しています!

-少年・青年マンガ
-,