広告

『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?最後どうなる?


『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?最後どうなる?


2024年7月よりアニメがスタートする注目作品の『逃げ上手の若君』。

『逃げ上手の若君』の中でも人気キャラの諏訪頼重には死亡すると言われています。

本当に諏訪頼重は死亡するのでしょうか。

また、どのような最後を迎えるのでしょうか。

そこで今回は、『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?最後どうなる?
について解説します。

本記事でわかること

  • 『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?
  • 『逃げ上手の若君』諏訪頼重は最後どうなる?


諏訪頼重は死亡?

引用元:アニメ公式X

結論!

中先代の乱で死亡する

結論から述べると、諏訪頼重は中先代の乱で死亡

信濃国・諏訪大社の当主である諏訪頼重は、足利尊氏によって一族を滅ぼされた北条時行の前に現れ、時行を匿ってくれます。

時行に未来の可能性を感じた諏訪頼重は、時行に忠誠を誓います。

時行の逃亡を傍で支える重要な人物ですが、作中で死亡。

次からは、諏訪頼重の最後について紹介します。

諏訪頼重は最後どうなる?


  • 時行を逃がす為、自害する
  • 時行の死を偽装する

時行を逃がす為、自害する

諏訪頼重は、時行を逃がす為に自害するという最後を迎えました。

1335年7月、時行たちは、清原や関東庇番を破り、一度は鎌倉を奪還することに成功。

しかし、軍としてやって来た足利尊氏によって壊滅させられてしまうのです。

足利尊氏の「神力」は諏訪頼重の「神力」を超えるほど圧倒的な力になっていました。

戦の終息は、大将が責任を取るのが掟。

責任者である時行が死ぬしかありませんでしたが、この時、時行はわずか10歳でした。

そこで、諏訪頼重は時行を逃がす為、自身の首を斬り、自害という道を選択。

時行の死を偽装する

諏訪頼重は、時行を安全に逃がす為、時行の死を偽装

時行と似た43人分の遺体を用意し、諏訪頼重自身も含む全員の顔の皮を剥ぎました。

足利側に時行もその死体の中にいると思わせる作戦。

実際に偽装はうまくいき、時行は無事逃げることができたのです。

諏訪頼重の基本情報

諏訪頼重情報
役職信濃国諏訪郡の神官
家系建御名方神の末裔で諏訪大社の大祝
特徴神性を帯び、未来を見通す能力を持ち、天候を操る
外見若々しく線の細い優男だが、奇行が多い
声優中村悠一

諏訪頼重は初め、その立ち振る舞いから、時行から「霊感詐欺」「インチキ霊媒師」と言われていました。

時行の逃亡には欠かせない人物で、作品の中でも中心的な人物ですが、『逃げ上手の若君』13巻110話にて死亡します。

また、諏訪頼重は、実在する人物。

史実でも、京より派遣された追討軍に大敗し、自身の子どもである時継らと勝長寿院で自刃したとされています。

『逃げ上手の若君』でも、ほぼ史実通りに描かれています。

諏訪頼重の死亡に対する反応

諏訪頼重の死亡に対する読者の反応を調査しました。

読者の反応

  • 悲しいけれど凛々しくて美しい
  • 諏訪頼重の死亡は史実だからしょうがない
  • 頼重の死、シンプルに辛い

諏訪頼重の死亡に関しては、「悲しい」「辛い」という声が大半。

『逃げ上手の若君』の主要キャラである諏訪頼重の死亡は、読者にとっても大きな出来事だったようですね。

松井優征さんの描いた諏訪頼重の死の瞬間は、とても美しく描かれており、諏訪頼重の覚悟や生き様が表されているようでした。

『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?最後どうなる?
のまとめ

記事のまとめ

  • 『逃げ上手の若君』諏訪頼重は死亡する?
    死亡する
  • 『逃げ上手の若君』諏訪頼重は最後どうなる?
    時行を逃がす為、自害する

『逃げ上手の若君』の主要キャラ、諏訪頼重は、作中で死亡します。

諏訪頼重の死亡は、『逃げ上手の若君』の中でも、ほぼ史実通りに描かれていました。

多くの読者に衝撃を与えた諏訪頼重の死。

アニメではどこまで描かれるか楽しみですね。

今後の『逃げ上手の若君』にも注目していきましょう!

  • この記事を書いた人

honn

三度の飯よりアニメが大好きなオタクです。 アニメや漫画の役立つ情報から、マニアックな雑学までなんでも発信しています!

-少年・青年マンガ
-,