広告 マンガ(完結・打ち切り)

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?作者死亡で完結してる?

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?作者死亡で完結してる?

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は「まほあく」という略称で2013年から2015年にかけて連載されていた作品ですが…

なんと2024年7月からアニメがスタートすることが決まっている、時代を超えた人気作品です。

そんな長く人気を誇る『かつて魔法少女と悪は敵対していた』ですが、打ち切りの噂や作者死亡説など気になる部分がありますよね?

そこで『「かつて魔法少女と悪は敵対していた」は打ち切り?作者死亡で完結してる?』について調査してみました。

本記事でわかること

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

結論から申し上げると、打ち切りにはなっていません。

しかし、作者死亡のため『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は当時連載掲示分を最後に絶筆(未完成作品)となっています。

作者が死亡したことで事実上の、打ち切りになったいますが、他にも打ち切りと言われている理由はあるのか深掘りしていきます。

その前にこうを思ったことはありませんか?

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』の漫画を読みたいけど……

  • お金を使うのは嫌だなぁ……
  • 無料で読めるなら、
    今すぐにでも読みたい

実は私も、ネタバレが気になって無料で読める方法がないか探したところ、

全話無料で読める方法を見つけてしまいました!

それは「マンガUP!」というアプリです!

引用元:マンガUP

マンガUP!は大手スクウェア・エニックスが提供している無料マンガアプリで、

違法サイトを使わず、ずっと安心・安全に読むことができます。

漫画を読めるポイントが、

1日2回自動で回復するので、

お金を使うことなく、好きな話数から、

気軽にマンガを楽しむことができちゃいます。

唯一、基本無料で読めるのはマンガUPだけです!

ダウンロードするだけで読めるので、

下のダウンロードボタンから、
チェックすることをおすすめします。
↓↓↓

\最新話まですぐ読める!

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

無料ダウンロード

※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

打ち切りと言われてる理由は?

打ち切りと言われてる理由について、大きく2つに分けて解説していきます。

  • 突然の作者死亡
  • 2015年4月号掲載以降、掲載されなかった

>>>期間限定!『かつて魔法少女と悪は敵対していた』を無料で読む方法とは?

突然の作者死亡

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は2013年から2015年に連載されていた作品です。

2015年4月8日に月刊ガンガンJOKER公式ウェブサイトにて、作者の藤原ここあさんが3月31日に死去したと発表されました。

死因は病死だということですが、突然の訃報に当時は驚きを隠せませんでした。

そのような状況から2015年4月掲載後、『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は絶筆となっています。

2015年4月号掲載以降、掲載されなかった

突然の作者死亡という訃報により、2015年4月掲載分を最後に『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は未完成作品となってしまいました。

コミックスは3巻完結となっていますが、こちらは1・2巻で収録されなかった話やここあ先生が14歳時に投稿された話が収録され、3巻の発売が叶ったようです。

収録されているのが、14歳時に投稿された作品ということで3巻は貴重な1冊となっています。

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は何巻まで発売されてる?

現在の発刊巻数

  • マンガ:全3巻(完結)

※2024年5月までの情報です

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』作品情報

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』情報
著者藤原ここあ
雑誌月刊ガンガンJOKER / ガンガンコミックスJOKER
連載開始日2013年9月21日
ジャンルラブコメ・ファンタジー
累計発行部数2015年8月時点で40万部突破

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』あらすじ

悪の組織を統し冷酷で残虐極まりない悪の参謀・ミラ。

彼はあらゆるものを侵略し滅ぼしていました。

その侵略の日々の中、悪の組織と対立する「魔法少女」深森白夜と出会います。

そんな彼女に一目ぼれしてしまったミラ…敵対する魔法少女・白夜とミラの殺し愛わないラブコメ4コマ漫画作品です。

>>>期間限定!『かつて魔法少女と悪は敵対していた』を無料で読む方法とは?

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』の作者死亡で完結してる?

結論から申し上げると、作者の藤原ここあさんは2015年3月に亡くなり、『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は絶筆となっています

月刊ガンガンJOKER公式ウェブサイトにて作者の藤原ここあさんは3月31日に死去したと発表がありました。

死因は病死という事ですが、連載当時はそのような情報もなく突然の出来事だったようです。

そのように突然の出来事だったため、『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は3巻で完結させてはいますが、2015年4月号掲載分を最後に当作品は最終回を迎える前に絶筆(未完成作品)となっています。

過去作として「妖狐×僕SS」や「Dear」などアニメ化作品もある人気作家だけに残念でなりません。

>>>期間限定!『かつて魔法少女と悪は敵対していた』を無料で読む方法とは?

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」最終話ネタバレ

最終巻3巻に収録されたお話は作者・藤原ここあさんが14歳の時に投稿された話が最終話となっています。

魔法少女・白夜は再び悪の組織に捕まり、悪の参謀・ミラに監禁されてしまいます。

悪の組織としては魔法少女を拷問し、全ての情報を吐かせた後、人体実験という名のもと殺害する計画だったのですが、情報を聞き出す役回りのミラは白夜が可愛すぎて中々拷問できません。

苦肉の策で超貧乏ガールの白夜の前で5000円札を破るという拷問をすると意外と効果が出てしまうという可愛い展開にクスッと笑ってしまいます。

ミラは頑張って拷問しようとするも白夜が「お話してしまったら、こうして参謀さんと会えないんですよね、それだったら痛い事されたほうがいいです」と健気で少しエッチな返しにミラは悶絶。

ちょっとえっちな心理テストをしたり、言葉の意味をはき違えてミラの頭を白夜がなでなでしたりとミラはあらぬエッチな妄想の連続で監禁生活という名の新婚生活のよう。

最後まで白夜の可愛さに翻弄されるミラでした。

藤原ここあ先生がどのような最終話を考えていたか今となっては分かりませんが、3巻最終話のように2人が幸せで一緒になれる未来であればいいなと思います。

>>>期間限定!『かつて魔法少女と悪は敵対していた』を無料で読む方法とは?

アニメの最終回はどうなる?

引用元:アニメ公式X

結論から申し上げると、漫画3巻分全てアニメ化してくれるのではないかと思っています。

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の原作連載開始から 10 周年を記念し、再び本作の魅力をアニメーションとして世界中に届けますという事で2024年7月からアニメがスタートする今作。

シリーズ構成・脚本は「ギヴン」や「BanG Dream!(バンドリ!)」など沢山の人気作を担当された綾奈ゆにこさんがアニメ「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」も手掛けられます。

百合作品が大好きだと公言しているだけあり、『きんいろモザイク』を始め、アニメオリジナルシーンや原案含め視聴者からは比較的高く評価されています。

予想では「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」3巻最終話に少しアニメオリジナルを足して、監禁エピソードのその後を展開してくれるのではないかなと思っています。

今作のアニメ化に伴い、スタッフ陣は藤原ここあ先生をリスペクトする人材で固められていると監督もおっしゃっているので、ファンの期待に応えてくれるアニメになること間違いなしです!

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?作者死亡で完結してる?のまとめ

記事のまとめ

  • 『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?
    打ち切りにはなっていません。
  • 作者死亡で完結してる?
    2015年3月31日に死去したことが発表され、絶筆となっています。

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切り?作者死亡で完結してる?について解説してきました。

『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は打ち切りにはなっていないものの、作者死亡により急遽まとめられた形になっています。

ファンにとっては悔しい終わり方ですよね、ご冥福をお祈りいたします。

しかし、長い時を経て『かつて魔法少女と悪は敵対していた』は2024年7月からアニメがスタートすることが分かっています。

当時のファンとしては大歓喜ですよね!

当時作品が好きだった方も、作品を知らない方もぜひこの機会にチェックして頂けたらと思います。

-マンガ(完結・打ち切り)